一周シリーズ2018 離島へ その3(動画をさらに2つ追加しました)

2018年

仕事の小山を一つ越え,

それとともにバイクシーズンが終了の気配が強まっています。

が,しかし

来週の週末,もう一回は走れそうですね。

オフシーズンのない男Docroがお送りしております。

別件ですが,

今年,また「できること」が幾つか増えました。

車のタイヤ組み換え

タイヤバルブの交換です

バランスをとるまでには至りませんので,

軽自動車で高速に乗らない車に留めておこうかな。

近々,ネタにしたいと思います。

さて,本題。

天売初上陸&キャン・ツーの二日目でございます。

酩酊状態で友達宅からキャンプ場テントまでの1.9キロを歩き

目覚めた翌朝。

深酒し過ぎた二日酔いはさほどないものの

夜中か朝方にそこそこの大雨が降って,雨音が大きく眠りが浅かったか。

目が覚めないのです。コーヒーを一杯。

よし。

体も温まったし外に出るか!

お,行儀よく外靴もそろえてタープの外へ…。

そこはシートの上で良かったぞ,昨日の僕。

たっぷりと水を含んだデニム地のスニーカーを履いてトイレへ。

すると,

この辺の上空でもウトウさんが飛び交っていたのでしょう。

お土産を置いて行ってくれたらしい。

御馳走様です(さすがに食べませんけど…)

撤収して,いざ出発!

天売行きの手書きの札が外せないままです。

ここで,お友達から入電あり,お昼をご一緒させていただくこととなった。

で,

キャンプ地にある番屋さんに決定。

炉端焼きもすぐできる店内。

外靴のままでいいから,ライダーにとっては楽ですね~。

フライ定食に,海鮮丼。ウニ丼用のウニが無かったので生うにを3個追加。

セルフウニ丼にすればいいのです。

私はこちらの海老丼でございます。が,ウニを1つ頂いちゃいました。

人生初の生ウニ実食です。

この茶色いのを避けつつ,オレンジの部分だけを取り出すのが一苦労。

普通にスプーンを使うよりも,自分の場合は裏返しにしてやった方が良い感じに取れた。

さて!

お腹も満たされたし!

いよいよバイクで島の外周を走ってきますか!!

島の外周その1

島の外周その2

 

島の外周その3

 

いきなり,絶景。

焼尻島は平坦でマムシがいないらしいけど,天売は高低差があるのでマムシがいるけどこんな景色が見られる。

上の画像にハートが見えますか?

現場に行くと,意外とすぐに分かりましたよ。

土砂崩れ跡とのことで,年数が経てば経つほど,このマークは草木に覆われて見えなくなりそうですね。

と。

ちょんまげカメラに撮影を任せておくと,デジカメ撮影をサボる訳で。

いや,カメラの調子が悪かったのかな。

ほとんど画像無し。

で,

観光ハイシーズンは1周の方向が決められている雰囲気もあって

同じ向きにもう1周してきました。

今日は7月1日だというのに,寒い。ターミナルでストーブが点いてた。

7月は観光ハイシーズンとなり,昨日よりフェリー代が少し高い。

でも,便数が少し増える。

一番遅い時間のフェリーに乗り込み

お見送りの2人がいないと思ったら,オロロン鳥とウトウになって見送ってくれた。

大変お世話になりましたm(__)m

もう一度今期中に行く約束でしたが,果たせませんでした。

 

家族には岩海苔とウトウの帆布手提げバッグを買って島を後にしました。

天売からは,名前までも書いてくれる。

あまりにも寒く,小平の道の駅で合羽を着こんで

帰りの高規格道。

のんびり走っていたはずなのに,気付けばミラーに赤いランプが灯っている。

「えっ!?マジで!?」

と思ったら

救急車さんでした。

気付くのが遅れて申し訳ありませんでした。

 

離島の二日間はあいにくの霧の中で湿度が高かったんだけど,

非日常をたっぷり味わえた2日間でした。

 

来シーズンは,タイヤをオフにして島内1周じゃなく,細々巡っている林道を走りたいと思います。

大変な自然保護区ですので,地元民になりきっているだろうお友達からしっかり情報を得て,マムシに噛まれない程度に山中を走りたい。

では,

モトブログ更新までしばしお時間を下さい。

今年の山場でした。

 

一周シリーズ2018 離島へ その1(動画をひとつ追加)

こんばんは。

毎日カメムシと闘っております。

Docroでございます。

今日の陽気に,一気に山から里に下りてきたカメムシ軍団は,

我が家の壁に無数にとまって日向ぼっこをしておりました。

はい。

リアルタイムは10月でもブログ上はやっと6月末です。

 

ある日

転勤を知らせる知人のハガキが目の前にあって,

だいたい,そんな形式ばった物には目を通さない自分ですが,

ふと見返してみたら,なんと離島に転勤したというではありませんか。

 

早速連絡をとり,

遊びに行く約束を。

もちろんキャンプ!

聞けば,休日にはやっている店が無いというので,船に乗る前から大量の食材を確保しておかなければならない。

(でも,実際はちゃんとお店もやってて,そこそこの食材は揃えられました。)

本日のライダーは私のみ。

で,

ご注意いただきたいのは,このフェリー。

乗船券の購入の際,クレジットカードが使えません。

時間ぎりぎりだったのに,コンビニまでバイクを走らせて現金を確保し,

改めて乗船手続きをし,飛び乗る感じで何とか間に合いました。

バイクを乗せたのはいいんだけど,どうやって客室へ行くのかが分からん。

で,なんとこの冷蔵庫の扉みたいなところから入るようだ。

マジか!?

右が普通の人間の扉ですよね。

左が,なんと車やバイクを乗せている車輌甲板との出入り口。

とても人が通って良いサイズではないように感じるけど…。

船は小さくて,揺れるので有名らしい。ホクレンショップで購入済み。

しかし,この旅は行きも帰りも大変穏やかでありました。

さぁ,私はどこの離島に旅立ったのでしょうか!?

ヒント1

往路なのに,船の後方に島らしき影が見えます。

はい。

1つのフェリーが二つの島を経由しています。

ヒント2

港の出入り口には,白と赤の灯台が。

でもこれ,港は全部こうなってるのか!?

はい。

では正解を発表します。

はい。

おじさん,右足,そこに乗せてwww

正解は天売島でございました!

お世話になったフェリーはこのサイズ。

車は数台しか乗せられません。

だから,

羽幌町に駐車場を借りて,そこに車を置いている人が多いと聞きました。

 

この辺までの動画

ってな訳で,2018バイクシーズンの山場となった天売の旅を,

これからしばらくお届けします。